三重県教職員組合


更新情報・お知らせ

      
・トップページのメッセージを更新しました(2021.5.11)
・トップページのメッセージを更新しました(2021.4.14)
・トップページのメッセージを更新しました(2021.3.23)
・トップページのメッセージを更新しました(2021.2.16)
・トップページのメッセージを更新しました(2021.1.27)
・トップページのメッセージを更新しました(2020.12.20)
・トップページのメッセージを更新しました(2020.11.13)
・トップページのメッセージを更新しました(2020.10.22)
・実習船しろちどりの写真をアップロードしました(2020.10.14)
 掲載記事はこちらからご覧いただけます。(2020.10.22追記)
・トップページのメッセージを更新しました(2020.10.05)
・トップページのメッセージを更新しました(2020.09.08)
・専門部紹介を掲載しました(2020.09.04)
・トップページのメッセージを更新しました(2020.08.11)
・トップページのメッセージを更新しました(2020.07.13)
・レイアウトを編集しました(2020.06.26)
・トップページのメッセージを更新しました(2020.06.22)
・トップページのメッセージを更新しました(2020.05.22)
・トップページのメッセージを更新しました(2020.05.13)
・トップページのメッセージを更新しました(2020.04.17)
・三重県教職員組合のホームページをリニューアルしました(2020.03.27)

メッセージ

2021年度 新たな体制において力をあわせた運動の前進を

 現在、2021年度三教組運動の具体的なとりくみについて検討をかさねており、第238回中央委員会において議論をおこなう予定としています。
 これまでのとりくみを振りかえるとともに、わたしたちをとりまく課題の解決にむけ、みんなで運動を前進させましょう。

つながりあうことを軸にした教育文化運動を

 2020年度は、「ともに生き、学びあい、育ちあう学校をめざして 子どもの姿を出発点とした豊かな学びの創造を」をテーマに、具体的な「子どもの姿」を大切にした教育実践にとりくんできました。
 子どもたちをとりまく課題は多様化しています。ICTのさらなる活用がすすむ一方で、外出自粛にともなってSNSの利用も増え、「ネットいじめ」や誹謗中傷等によるいのちに関わる事案も起こっています。そうした状況もふまえ、生活背景を含めた「子どもの姿」にていねいによりそう教育実践、教育条件整備のあり方について、ともに考えあい、とりくんでいきましょう。

いきいきと意欲をもって働くために

 「学校における働き方改革」の実現は、わたしたちのいのちと健康を守るとともに、学校の自主性・自律性の確保や拡大、子どもたちの「豊かな学び」の創造につながるとりくみです。
 ともに支えあい、組織一丸となって「学校における働き方改革」を「現場からの教育改革」につなげていきましょう。また、すべての教職員の賃金・勤務条件の改善、学校現場の実態をふまえた高齢雇用制度の実現等にむけても、みんなの力でとりくみをすすめていきましょう。

平和憲法の理念の実現と組織と運動の強化を

 これまで、平和憲法の理念の実現にむけ、とりくみをすすめてきました。しかし、1月22日、「核兵器禁止条約」の発効がはじまったものの、日本を含め、核保有国や核抑止力に依存する国は本条約に反対の姿勢を示しています。わたしたちは軍事力によらない平和の実現をひろく訴え、対話と協調による平和の実現にむけてとりくむ必要があります。
 組織と運動の強化については、組合員一人ひとりの思いや願いを出しあえる分会をめざし、「職場に組合を」を合言葉に、協働協力の職場づくりをすすめてきました。仲間とともに支えあい、「運動の基盤は分会にある」ことを再確認しながら、職場のさまざまな課題の解決にみんなの力でとりくみましょう。